【フィットネス】オンラインとオフラインの違いは?メリット・デメリットを比較してみた!

コロナウイルスの影響もあって、ジムに通えなくなってしまった!という方も多くいると思います。

気軽に外で運動も出来ないし…

そこで流行り始めたのが「オンラインフィットネス」ですね!

自宅にいながらスマホやパソコンを使って本格的なフィットネスができるわけですが、先生・トレーナーが目の前にいない状況でちゃんとしたフィットネスができるのか不安を感じたんです。

そこでオンラインとオフラインの違い、メリット・デメリットについて比較してみました!

この記事を読めばあなたはオンライン・オフラインどちらが向いているかわかると思いますよ♪

【フィットネス】オンラインとオフラインの違いは?

そもそもオンラインとオフラインのフィットネスの違いは何なのか?というところから解説していきます。

オンラインはスマホやパソコンなど、インターネットを介した状態でトレーナーやジムのインストラクターの映像を見ながら実践するフィットネスです。

オフラインはジムや体育館などに足を運び、トレーナーやインストラクターと対面して行うフィットネスです。

簡単にいうと画面越しか画面越しじゃないかというところが大きく違う点ですね。

【フィットネス】オンラインとオフラインのメリット・デメリットを比較してみた!

では、オンラインとオフライン、それぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

オフラインフィットネスのメリット・デメリット

先生・トレーナーと実際に対面して教えてもらえるオフラインフィットネス。

どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

◯思いっきりできる

ジムや体育館で行うので、周りの騒音などは気にせずに思いっきり動けます。

◯臨場感

先生の熱量や他の受講生が額に汗する姿など、やはり生の熱量にまさるものはありませんね!

◯他の人の頑張りも見えるので、刺激になる

自分ひとりで頑張っているのではなく、みんなで頑張っているのが目に見えるので刺激になりますね!

また、「あの人には負けたくない!」なんてライバル心が芽生える事で継続性も高いです。

◯トレーナー・インストラクターに質問しやすい

細かい動きや難しいポーズなどが合った場合、直接指導が受けられるのは大きなメリットですね。

正しい姿勢・ポーズでないと効果も半減してしまう可能性もあります。

他にも世間話はもちろん、様々な話ができるのもいいですね。

◯他の受講生との交流の場になるので行くのが楽しみになる

他の受講生との交流が生まれ、行くのが楽しみになりますし、切磋琢磨出来ますね。

終わった後に一緒にお茶したり、食事に行けたりするのもオフラインの醍醐味ですね!

デメリット

◯他の受講生との人間関係

すでにコミュニティが出来ていて、そこに飛び込まなければならない状況もあります。

人見知り、コミュニケーションを取るのが苦手という人は、最初は一人ぼっち感が出てやりづらく感じることもあるかもしれません。

◯通うのが面倒

雨の日にも通わなければならないとなると面倒です。

自宅の近くならまだしも、職場の近くにすると休みの日に職場近くに行かないといけないのもなんだか気が進みませんよね。

◯仕事終わりに通うとなると荷物が邪魔になる

これは筆者の実体験ですが、仕事終わり通うとなると靴や服を職場に持っていかないといけないので結構邪魔です。

ジムで靴用のロッカーをお金を払って毎月借りることも可能ですが、お金ももったいなかったので、毎回持っていっていました。

鞄の中が靴の臭いで…泣

オンラインフィットネスのメリット・デメリット

インターネットを介してパソコンやスマホで気軽に受けられるオンラインフィットネス。

一見便利そうですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

◯いつでも、どこでもできる

オンラインフィットネスはネット環境と動画視聴のための端末があればどこでも受けられます!

自宅はもちろん旅行先でも受けられるのは嬉しいですね。

◯他の受講生との人間関係が無いので黙々とできる

基本的に画面越しでトレーナー・インストラクター・他の受講生とやり取りするので、他の人の視線がそこまで気になりません。

黙々とやりたいという方はオンラインフィットネスがおすすめですね。

デメリット

◯トレーナー・インストラクターとの温度差

自分は自宅で受けているので平常のテンションですが、トレーナー・インストラクターはそうは生きません。

対面でやっているかのようなテンションでフィットネスを始めるわけです。

すると、画面越しでは臨場感もありませんし、温度差を感じてしまいます。

◯近隣住民への騒音が心配

マンションやアパートとなると下の階の方への配慮は必ず必要になります。

ヨガの用に音がでないメニューであれば良いのですが、飛び跳ねたりする場合は気をつけましょう。

◯電波状況に左右される

どこでも受けられる反面、電波の状況に大きく左右されます。

電波状況が悪いと映像が映らなかったり、タイムラグが発生したりする可能性もありますね。

家でオンラインフィットネスを利用する場合には、電波状況を事前に確認しておきましょう。

◯細かい指導が受けられない

画面越しになってしまうので、姿勢やポーズなどの細かい指導が受けられません。

◯やり方や姿勢があっているのかわからない

こちらも画面越しなので、トレーナー・インストラクターがやっている姿勢やポーズが360°見られる訳ではありません。

そうなると細かい部分が見られず、正しいやり方や姿勢なのかが自分ではわかりません。

同じポーズだけど、どこに効いてるのかわからない…なんてことが起きる可能性がありますね。

◯一人でやるので続かない

いつでもどこでも受けられるのである意味、強制力がなく一人で続けられないという方もいます。

◯本格的な器具が使えない

自宅でやることがメインになるので、ジムにあるような本格的な器具は使えず、せいぜい用意できるのはバランスボール・ダンベル・ゴム紐といったところですね。

まとめ

この記事ではオンラインとオフラインの違い、メリット・デメリットについて比較してみました!

オンラインとオフラインのフィットネス、あなたはどちらが向いていそうですか?

オンライン・オフラインそれぞれに良いところ・悪いところがありましたね。

  • オンラインは一人で黙々とやれる人に向いていて、
  • オフラインはみんなで頑張りたい!

という方にオススメです。

まさか、ネットを使ってフィットネスが受けられるようになるなんて思ってもいませんでしたよねー。

今後はAIが自動でフィットネスのメニュー作成してくれるなんて技術もできるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました